GoProが買えない人が手を出す中華アクションカム

やってきました恒例の貧乏シリーズ!今回は定番のGoPro買えない人が必ず手を出す大陸製の中華ゴープロである。貧乏人の私はもちろん買った。3個も買った!ええ、結論から言いますと

無理してでもGoProを買え!しかし!!

安物買いの銭失い。貧乏人は結果金持ちよりもお金を落とすと言われているのはこの部分でしょうね。失敗して何回も同じレベルのものを買う。

YouTubeで比較動画なるものがたくさんあって「GoProと全然遜色ないよ!使えるぜ!」的なレビューありますよね。ええ。アフィリや企業案件でいい加減なことを言っているだけです。それか素人だから画質が悪くても良いと思うのかとにかくいい加減なレビューが目立ちます。GoProとの画質の違いは明らかで1万以内のアクションカムの画質はクソです。かくいうGoProも発熱でオーバーヒートでいきなりオフになったりするので基本クソ機材の部類に入るわけですが、その糞の中のさらに糞を買う人が多いのも事実です。中華系はスマホアプリでWi-Fi接続できると歌っていながらまったく繋がらないのは定番です。4Kで撮ってもGoProのFHDにも到底及びません。

かと言ってGoProに割く予算がない人が多いのも事実です。ここで私の経験が皆様に生かされるときがやってまいりました!
1万円前後のアクションカムで一番キレイに撮れるオススメメーカーは Thieye というメーカーです。私の購入した3個の中で抜きん出ていましたから。間違いありません。Thieyeがアクションカムをリリースしたばかりの時に購入しましたがその当時で同価格帯のアクションカムを凌駕しておりましたので間違いないです。お仕事でも相当お世話になりました。ってかそんなの仕事で使うなって思われそうですが全然使えましたし、GoProみたいにオーバーヒートもしませんでした。

逆に最近リリースした割には全然画質良くないじゃねえかよ!まだこんなのリリースしているのか?っていうのがYarberってメーカーのやつです。↓

今風に画面がタッチパネルでスイッシュして使うのは今風だと感動しましたが画像がウンコでしたね。興味本位で買ったのですが今では子供の玩具です。スマホアプリも全く繋がることはありませんでした。4Kにセットしてもイマイチだったなあ。価格は7000円前後でした(ってかもう買うなよ。。)いえ、1台しかないGoProのサブで使えればと思い買ったのですがやはり安いのには理由がある。これですね。貧乏人は悲しいかなメイドインチャイナ命です。メイドインチャイナで出来るだけ高画質なアクションカムはThieyeです。タイアイ?ジアイ?読み方がわからんけど。最近はドライブレコーダーに重きをおいているみたいですが、とににかくWimiusやMUSONなどのメーカーも止めておいたほうが良いという話だ。

ThiEYE アクション スポーツ カメラ 防水 4K ブラック i60 + (Black)

ThiEYE アクション スポーツ カメラ 防水 4K ブラック i60 + (Black)

11,740円(12/05 23:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

関連記事

ページ上部へ戻る