プリンターのインクは詰め替えか安価な互換インクか

今回の記事は私のように金のない人向けのネタです(爆)
プリンターのインクは高いです
それはメーカーが本体を安く売ってインク代で利益を得るためです。
だから殆どの人が安価な互換インクに手を出すわけです。
貧乏な私は詰め替えインクなるものを購入し
空になったカートリッジにシュポシュポ詰め替えているわけですが(現在も)
指が必ず汚れて貧乏ゆえの自己嫌悪に陥るわけである。
詰替えボトル↓ 純正カートリッジ5回分くらいはあるかな。

なんだかヤヤコシイパーツが入っていますね。
純正カートリッジに穴を開けるための道具である。
開けた穴からシュポシュポと入れるわけだが不器用な私は
何回やっても指を汚してしまうのだ。
そんな自己嫌悪の中、安価な互換カートリッジを発見する6色揃ってて300円
一番減りやすい黒とかグレーだと4本で300円を切ったりする。

ハッキリ言ってこっちのほうが楽だ。
しかーし!故障率は互換インクのほうが確率が高くなる。
ICチップを純正から剥がして付け替えるタイプが昔あったが即死しました(笑)
3台壊している私が言うのだから間違いない(笑)
壊れはしないが毎回エラー番号が出たりとヒヤヒヤしながら使い続けなければならない。
かと思いきや全然問題ない人もいるようだ
互換カートリッジは運です。
純正カートリッジにインクを詰め替えたほうが
プリンターは騙され続けてくれると思う(笑)
時間のある人には詰め替えインクを強く進めます。
もちろんお金のある人は純正を強くオススメします(爆)
カネに余裕がない人はよく考えてどちらにするのか決めてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

ページ上部へ戻る